物心両面の超越

(株)環境保全研究所の会長がお亡くなりになりました。

享年82 

会社を創業して、32年目の9月29日天寿を全うされました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。



沖縄で飲食店から身を起こし、

事業が最盛期を迎えていた頃

すべてを擲って32年前に山梨県へ移住し、(株)環境保全研究所を設立。



「公に尽くす」が口癖でした。



週刊ダイヤモンドの「10年後の大企業」にも選ばれました。


私が会長と出会ったのは、今から21年前のこと


当時の社屋はプレハブ小屋でした。(今でも残っています)


ただ、真冬でも、そこに行くといつも暖かかったのを覚えています。

会長の話を聞くのがいつも楽しみでした。



松下幸之助氏のPHPで学ばれ、そこで経営のコツを掴んだそうです。

その時のお話しもよくされていました。


私が、一番印象に残っているのが「物心両面の超越」です。

今の科学、今の社会、その延長線上に答えはない。



「物心両面の超越、そこに真の豊かさと繁栄がある」



豊かさには

「物質面での豊かさ」と「心の豊かさ」があります。



本当の豊かさとは、

そのどちらでもなく、それらを超えたところにあるもの

そこに「真の豊かさ」と「真の繁栄」がある

私たちは物質的な豊かさは、ほぼ手に入れ

次は「心の時代」だと言われてきました。

今、まさに「心の時代」

そして、次に、私たちが向かうべきところが

「ユートピアの時代」です。

それは、私たち1人1人がバージョンアップした世界です。


アセンションとも言われたりしますが

これまでの変化とは、全く違います。

変化とは、その延長線上にある変化のことを指しますが

これから起きる変化とは、

「変わる」ではなく、「替わる」です。



これまでの古い考え方や概念が通用しなくなるため、

全く新しいOSに取って替わる時がやってきたのです。



マズローによれば、

人間の進化には5つの段階があって

「マズローの欲求5段階説」

1.生理的欲求(食べることや寝ること)

2.安全欲求(健康面、身の安全を確保)

3.社会的欲求(社会や組織に受け入れてもらう)

4.承認欲求(自分自身や地位を認めてもらう)

5.自己実現(本当になりたい自分になる)


実は、さらにその上、6番目に「自己超越」といわれるものがあります。


ここに至るのは、人類全体の2%位と言われていますが

これが今、私たちが向かおうとしている世界です。



至高体験とか、実存的変容とか、言われていますが、

他を認め、他に影響されない自分でいること。

簡単に言うと常に「ありのままの自分」でいることです。

24年前に始まった「地球再生5%プロジェクト」も

人類の意識の目覚めを後押しするために生まれました。


意識の拡大

それが5%に達すると、地球全体が替わるという取組みです。

ビーワン・トリニティー商品はそのために用意されたツール。



なので、

ビーワン商品を使っていると、様々な気づきが起こります。

メークアップアーティストの小田切ヒロさんが

ご自身の著書「捨てる美容」の中で


今までの美容の9割はいらないもの

そして、必要なものが「ピュアな天然水」と上質なオイルと書かれています。



そこに、アクアーリオを紹介してくださいました。


要らないものを捨てていくと

その先には、「本当の美」が残ります。

新しい時代では本当に必要なものだけが残っていることでしょう

私は必要よーーーー(笑)

Follow me!

前の記事

映画「レミニセンス」

次の記事

素粒子の世界New!!